プチ断食でのダイエット方法

断食のやり方というと難しそうなイメージがありますが、プチ断食ダイエットは自分で簡単に行うことができます。
自分の体調に合わせて上手にプチ断食ダイエットを行えば、長期間太りにくい体を手に入れることができるのです。

基本はカロリー調節

太るということは、余ったカロリーが体脂肪になるということです。
普段よりも活動量が少ない日は消費カロリーが少ないわけですから、食事で多くのカロリーを摂取すると太ってしまうのです。
そんな日には夜にプチ断食ダイエットを行うのが効果的です。
もしも食べ過ぎてしまった時には翌日に摂取カロリーを調節し、体内のカロリーを枯渇させることで体脂肪を燃焼しやすくします。

プチ断食ダイエットの具体的方法

3日以上のプチ断食ダイエットを行う時には、準備期間が重要となります。
3日間のプチ断食ダイエットを行うのなら、3日間の準備期間を設けるというのが目安です。
準備期間は、胃腸を整えるために規則正しい生活をすることを心がけましょう。和食を基本とした食事を心掛けて、食べ過ぎないようにします。
もちろん間食やお酒は控えて、できる限り早く就寝をすることです。

通常のプチ断食ダイエット方法は、栄養価の高い発酵ドリンクを飲んで行うのが一般的です。
プチ断食ダイエットを行う時には、仕事から離れてリラックスした状態で行う方が向いている人もいれば、普段と変わらない生活を続けながら行う方が向いている人もいます。
従って、どちらの方法が向いているかを決めておくことが大事です。

プチ断食ダイエットを成功させるための鍵とは

そしてプチ断食ダイエットを成功させるための鍵となるのは、復食期です。
復食期は、休んでいた胃腸を普段のように活動させるために重要な時期です。
この時期はゆっくりと胃腸を慣らしていくことで、リバウンドを防ぎながらダイエットを成功に導きます。
復食期の食事には、お粥と味噌汁が向いています。
復食期2日目以降は手作りのフレッシュジュースやスムージーを食事の中に導入し、徐々に食事量を増やしていくことが効果的なのです。